しみ・そばかす・肝斑

しみの種類
(老人性色素斑・そばかす・肝斑)

しみの種類(老人性色素斑・そばかす・肝斑)しみには、一般的なしみとして老人性色素斑・そばかす・肝斑があります。しみの種類によって、治療方法が異なります。誤った診断・治療をしてしまうと、かえってしみが濃くなってしまうことがあるため、必ず専門の医師にご相談ください。

老人性色素斑(一般的に多いしみ)

一般的に多く見られるしみが、老人性色素斑です。主に、紫外線が原因となり、日光が当たりやすい顔以外にも手の甲や腕などにも現れます。加齢によって、新陳代謝が低下することで、メラニン色素の排出が遅くなり、だんだん濃いしみになっていきます。年配だけではなく、若い20代でもできやすいしみです。代表的な治療方法は、光治療・レーザー治療です。

そばかす

そばかすは雀卵斑といって、遺伝的要因が大きく、幼少期から現れることがあります。小さいしみが左右の頬と鼻の広範囲に現れます。親にそばかすがある場合、その子どもにもそばかすがある可能性が高いとされています。主に、紫外線を浴びることで濃くなるのが特徴なので、日焼けを阻止する対策が重要です。主な治療方法は、光治療・レーザー治療です。

肝斑

肝斑は、とくに30~40代の女性に多く見られます。頬骨の高い位置や目尻下に左右対称的に現れます。ストレスやホルモンバランスの乱れなどによって悪化したり、合わない化粧品の使用・皮膚の摩擦などでも悪化する場合があります。スキンケア方法を変えたり、ストレスがかからないような生活習慣の見直しが必要です。主な治療方法は、レーザー治療や内服薬などです。

しみの原因は?

しみの原因は?

  • 紫外線
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス(活性酸素)
  • 間違ったお肌への摩擦
  • 加齢
  • 女性ホルモンの乱れ
  • 睡眠不足
  • 内臓のトラブル

しみの元となるメラニン色素は、本来肌のターンオーバーのサイクルによって自然と外に排出されます。
通常28日周期で繰り返されます。しかし、紫外線や生活習慣の乱れ・ストレス・加齢などによって、肌のターンオーバーのサイクルが乱れてしまい、メラニン色素がスムーズに排出されず、蓄積されてしまいます。
本来、剥がれるはずの角質が落ちずにメラニンとして皮膚に蓄積されて、しみを作ります。また、紫外線の浴びすぎは、メラニンを過剰に生成していまいます。すると、さらにターンオーバーではすべてのメラニンが排出されずにしみとなってしまいます。

しみの治療・改善方法

光(IPL)美肌治療

光(IPL)美肌治療光(IPL)とは、1人ひとり肌質が異なる患者さんに対して、オーダーメイドの光で施術を行います。ターゲットとなる部位に選択的にIPLが吸収されることで、光のエネルギーが熱に伝わり、ターゲットのみにダメージを与えます。6種類の光を組み合わせて施術を行います。当院では、しみ・肝斑・赤ら顔・しわ・ハリ・くすみ・血管拡張などの施術を光(IPL)美肌治療を行っております。

ダーマドロップ

ダーマドロップ浄化された酸素の結合とナノサイズの粒子をお肌の深層にまで浸透させることで、痛みやお肌のダメージを伴うことなく、お肌の吸収力を最大限に引き出します。施術所要時間は約10分です。短時間で、有効成分を深層まで浸透させます。ダーマドロップは、従来のレーザー治療とは異なり、ペン型のアプリケーターから有効成分を皮膚に噴射し、超音速で浸透させます。お肌への損傷や出血がなく、ダウンタイムもほとんどありません。

蓄熱式医療脱毛「Kalon S」

蓄熱式医療脱毛「Kalon S」有害な紫外線をカットしたIPLの照射によって生み出された蓄熱効果で脱毛を促す「KalonS」を導入しております。
毛質、毛の色に関係なく、太い毛から薄い毛、白い毛などにも効果が期待できます。また、VIOラインやお顔を含め、全身への施術が可能です。低出力での照射であるため、痛みも少なくなっています。

内服薬処方

しみ・肝斑・色素沈着における美肌内服薬処方には、いくつか種類があります。

トラネキサム酸

肝斑の改善に期待できる内服薬です。肝斑は、しみに似た症状で、頬骨や鼻の辺りに左右対称に見られるのが大きな特徴で、30~40代の女性に多く見られます。

シナール

しみ・色素沈着の改善に期待できる内服薬です。シナールは、ビタミンCを主成分とした内服薬です。メラニン色素の生成を抑制する効果と分解する効果があります。

ユベラN

しみの改善に期待できる内服薬です。ユベラNは、ビタミンEを主成分とした内服薬です。肌の代謝を上げて、しみを薄くする効果が期待できます。

※美容内服薬について、お気軽にご来院・ご相談ください。

しみにおすすめの化粧品・スキンケア

ゼオスキンヘルスやセルニュープラス、Nov(ノブ)について

トレチノインについて

一番上に戻る
WEB予約WEB予約 診療時間外の電話予約 050-5213-6177診療時間外の電話予約 050-5213-6177 お問い合わせ 06-6387-1113お問い合わせ 06-6387-1113