土日祝も診療しております 江坂駅北側改札口徒歩約1分東急ハンズ横のアイシティーのあるビルの3階です

診療案内

眼科

老化に伴う疾患
日帰り白内障手術 緑内障 加齢黄斑変性
屈折異常
学校での視力検査 近視 仮性近視 遠視 弱視 斜視
目の表面(角膜・結膜)の疾患
はやり目 感染性角膜炎・角膜潰瘍 円錐角膜 花粉症 結膜下出血
目の奥(硝子体・網膜)の疾患
糖尿病網膜症 網膜剥離 飛蚊症 日帰り硝子体手術
その他
眼精疲労(疲れ目) ドライアイ 眼瞼痙攣

糖尿病内科・一般内科

糖尿病 高脂血症 甲状腺疾患バセドウ病・橋本病 睡眠時無呼吸症候群 就職時検診・感染症抗体検査・ワクチン費用一覧

美容内科【自費診療】

光(IPL)美肌治療 ダーマドロップ 美白(肝斑・しみ・色素沈着)内服薬処方 取り扱い化粧品

白内障とは

目の中の水晶体と呼ばれる部分が濁る病気です。
主な症状としては、
視界が全体的にかすむ視力の低下光がまぶしく感じる
などがあります。

白内障の原因はさまざまですが、
水晶体が濁ってしまう原因の多くは老化によるものです。

現在、白内障の進行を遅らせる薬のみで、
治す薬がないため生活に不自由が生じた場合は手術で治療を
行うことをおすすめしております。

白内障手術について

白内障手術は濁った水晶体を取り除いて、人工の水晶体(眼内レンズ)を目の中に入れる手術です。
麻酔を使用して手術を行います。片眼の手術を行い、後日もう反対側の目の手術を行います。

江坂まつおか眼科では最先端の
3D Visualization Systemを
使用して手術を行っております。

従来は顕微鏡を覗き込んで手術を行っておりましたが
3D Visualization Systemを使用することで
顕微鏡の映像を3Dで4Kモニターに映し出して手術を
行えるようになりました。

大画面で立体的に目の中を見ながらの手術が可能です。

費 用
費 用 1割負担 約15,000円
2割負担 約30,000円
3割負担 約45,000円

緑内障とは

緑内障は、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経が障害されて
視野が狭くなる病気です。
中高年の方に多く起こる病気の一つでもあり、
治療が遅れると失明に至る可能性があります。
原因としては、眼圧の上昇が原因の一つになります。
症状としては、視野が徐々に狭くなっていきます。

しかし、症状の進行はゆっくりの為、視野の異常に気付いた時には
かなり進行していることも少なくありません。
自覚症状がほとんどないまま進行するので、
早期発見の為には、定期的に眼科で検査を受けることが大切です。

緑内障の種類について

緑内障による視神経の障害は、目の硬さである眼圧が、その人の耐えられる眼圧より上昇することによって引き起こされます。
眼圧が上昇する原因によって主に原発緑内障、発達緑内障、続発緑内障に分けられ、
原発緑内障や続発緑内障はさらに開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障に分けられます。
眼圧は眼の中の水(房水)の量によって決まります。房水は、隅角という部分から、フィルターにあたる線維柱帯、
出口となるシュレム管を通って眼の外に出ていきます。

原発開放隅角緑内障

房水の出口である線維柱帯が徐々に目詰まりし、眼圧が上昇します。ゆっくりと病気が進行していく慢性の病気です。

正常眼圧緑内障

眼圧が正常範囲(10~21mmHg)にも関わらず緑内障になる人がいます。
これを正常眼圧緑内障と呼び、開放隅角緑内障に分類されます。
近年行われた全国的な調査の結果から、緑内障の約7割が正常眼圧緑内障であり、また欧米にくらべて日本人に多いことがわかりました。

原発閉塞隅角緑内障

隅角が狭くなり、ふさがって房水の流れが妨げられ(線維柱帯がふさがれて)、眼圧が上昇します。慢性型と急性型があります。

発達緑内障

生まれつき眼内の水の流れ路が未発達であることから起こる緑内障です。

続発緑内障

外傷、角膜の病気、網膜剥離、目の炎症など、他の目の疾患による眼圧上昇や、
ステロイドホルモン剤などの薬剤による眼圧上昇によっておこる緑内障です。

加齢黄斑変性とは

加齢とともに、網膜の中心部にある「黄斑」に変性が生じて
ものが見えづらくなってしまう病気です。

黄斑の存在する網膜は、目から入ってきた光を脳に伝える重要な役割を担っており、
その結果、私たちはものを見ることが可能になっています。
その為、網膜の中心部にある黄斑が加齢に伴って変性してしまうと、
ものが見えづらくなるということです。

加齢黄斑変性の主な症状

ものがゆがんで見える視界の中心部が暗く見える...など

上記の症状のせいで、ものの見分けがしにくくなったり、文字が読みにくい、
ちょっとした段差でつまづいてしまうといった症状も現れ、生活がしづらくなってしまいます。

加齢黄斑変性の原因

加齢が主な原因として考えられますが、その他にも喫煙や食生活、日光なども要因としてあげられます。
加齢に伴い進行する病気ではありますが、どんな人がなりやすいのかをしっかりと理解しておくことも大切です。

学校で行われる視力検査は「370(サンナナマル)方式」と呼ばれる
方法で行われています。

370方式では視力(右目0.7等)のかわりに
「A判定」「B判定」「C判定」「D判定」の4つに分類しています。(下記表参照)

医学的に正常な視力は1.0とされています。
学校生活にほどんど支障がない「B判定」でも、
視力が1.0以上出ていない原因が斜視や弱視の場合があるので
「A判定」以外は眼科を受診するようにしてください。

A判定(視力1.0以上) 教室の一番後ろの席からでも黒板の文字を楽に読めます
B判定(0.7以上1.0未満) 学校生活にはほとんど支障がない見え方
C判定(0.3以上0.7未満) 教室で行われる授業に多少影響が見られるので対策が必要
D判定(0.3未満) 教室の最前列でも黒板の字が見えにくいので対策が必要

近視とは

正常な目では入ってきた光が網膜で焦点を結びますが、
近視の目の場合入ってきた光が網膜の手前で焦点を結んでしまうのでぼやけて見えます。

網膜の手前で焦点を結んでしまう原因として
眼軸の長さ(目の長さ)が長すぎる場合角膜・水晶体の屈折力が強すぎる場合があります。

眼軸の長さが長すぎる場合の近視を軸性近視、角膜・水晶体の屈折力が強すぎる場合の近視を屈折性近視といいます。

仮性近視とは

仮性近視は偽近視ともよばれるとおり、
本当の近視ではなく目の調節による一時的な近視のことです。

目には焦点を調節する水晶体と呼ばれるレンズのようなものがありますが、
仮性近視の目ではこの水晶体が強く調節しすぎることで
焦点が網膜に合わずにぼやけて見えます。

遠視とは

正常な目では入ってきた光が網膜で焦点を結びますが、
主に遠視の目では眼軸の長さ(目の長さ)が短いために、入ってきた光が網膜の後方で焦点を結んでしまいぼやけて見えます。

物を見るときに常に調節力を用いて見るため疲れやすくなります。

また、老眼と混同されがちですが老眼は調節機能の低下が原因で調節できる範囲が少なくなり、
遠くが見える人は近くが見えなくなり、近くが見える人は遠くが見えなくなります。

弱視とは

子供の目の発達には、たえずものを見る訓練が必要です。
しかし、子供の視力が発達する途中でたえずものを
見る訓練ができなかった場合、視力の発達は抑えられ止まってしまいます。

これを弱視といいます。
近視で眼鏡をかけると見えるようになる場合は弱視とはいいません。

弱視の原因

弱視はものを見る訓練ができないと起こりますが、ものを見る訓練ができない状態になる原因としては以下のようなものがあります。

斜視
斜視があると、成人ではものが二重に見えます。
小児では二重に見えて、脳が混乱しないように、
斜視になっている目を使わないようになるため、弱視になる場合があります。
これを斜視弱視といいます。

遠視
遠視があると、近くを見るときも、遠くを見るときも、
はっきりと見えないため、視力が発達せず、弱視になる場合があります。

その他
生まれつき、白内障などの目の病気がある場合、
あるいは乳幼児期に眼帯を長い間(3~7日間程度)つけたりした場合、
ものを見る訓練ができず、弱視になる場合があります。

斜視とは

物を見るときには、右目も左目も両方の目が、見ようとするものの方向に向いています。
ところが、片方の目が見ようとするものを見ているにも関わらず、もう片方の目が目標と違う方向を向く場合があります。
これを斜視といいます。斜視は子供の2%くらいにみられる病気です。

斜視の原因

目の筋肉や神経などの異常
目を動かす筋肉や神経にわずかの異常があると目の位置がずれ、両目が一緒に正しくものを見ることができず、斜視になります。

遠視
目はものを見るときにそのものにピントあわせを行います。近くを見るときには、目は内側によります。
遠視では、強くピントあわせを行わないと、はっきりと見えないため、目は内側によって、斜視になる場合があります(内斜視)。

両眼視の異常
遺伝や脳の一部のわずかな異常が原因で、両眼視がうまくできない場合、それぞれの目が別々に見るようになり、斜視になります。

視力不良
病気やけがで、片方の目の視力が悪くなると、両眼視ができず、視力の悪い目が斜視になる場合があります。
大抵の場合、その目は外側を向きます(外斜視)。

はやり目とは

流行性角結膜炎ともよばれるアデノウイルスの感染が原因の病気です。
感染力は非常に強く、感染すると5日~2週間の潜伏期間後、
目やにが多く出たり白目(結膜)が充血したりします。

はやり目の主な症状

白目(結膜)の充血目やにが多く出る涙が出るまぶしい...など

はやり目をうつさないために

はやり目は非常に感染力が高いため、うつさないように注意が必要です。
治るまでは登校や出社は控えるようにしましょう。

《はやり目をうつさないようにする注意点》
○手で目をこすらない
○タオルは別々にする
○お風呂は最後に入る
○なるべくティッシュペーパー等の使い捨てのものを使用する
○手をよく洗う

感染性角膜炎とは

黒目(角膜)に細菌やカビなどが感染して、炎症を起こす病気のことです。
コンタクトレンズの装用で目に傷がついている場合に感染しやすくなります。
感染性角膜炎にかかった場合コンタクトレンズの装用は中止です。

角膜潰瘍とは

角膜炎が悪化するとただれる場合があります。
症状が悪化する前に治療をするようにしましょう。

感染予防のポイント

○コンタクトレンズは正しくケア・着用をして定期的に検診を受けるようにしましょう。
◯コンタクトレンズケースは定期的に新しいものに交換しましょう。
○目にゴミが入ったら目薬で洗い流しましょう。
○目薬をさすときは目薬の容器がまつ毛に触れないように注意しましょう。

円錐角膜とは

円錐角膜は角膜の中心部分が薄くなり円錐状に突出する病気です。
15歳頃から30歳頃まで進行する傾向があります。

円錐角膜の治療

円錐角膜用のハードコンタクトレンズを使用することで
通常のハードコンタクトレンズと比べ視力矯正や装用感の改善も行えます。

花粉症とは

花粉にアレルギー反応をおこし、目のかゆみや咳、くしゃみ、鼻水、微熱など
様々な症状を引き起こします。

しかし、花粉症だと思いこんでいたものが
花粉以外のアレルゲンによるアレルギー反応であることもあります。
当院ではアレルゲンを迅速に検査できますので、お気軽にご相談ください。

結膜下出血とは

結膜下出血とは、結膜下の小さい血管が破れて出血したもので、
白目(結膜)の部分がべったりと赤く染まります。
小さな点状のものから、斑状、時に眼球結膜全体を覆う広範なものもあります。
また、血腫をつくることもあります。

結膜下出血の自覚症状

通常の出血ではほとんど痛みやかゆみ、目やになどの症状はともないません。
また、目が見えにくくなったり、視野が狭くなったりすることもありません。
万一、これらの症状を伴う場合は、必ず診察を受けてください。

結膜下出血の治療

出血自体は、軽度であれば10日前後で自然吸収され白目に戻るため、治療の必要はありません。
また、出血が止まっても赤目が広範で長引いているひどい場合は、吸収促進のために血栓溶解剤などを結膜下注射することもあります。

しかし、次のような場合は原因疾患の治療が必要です。
眼外傷を受けた場合痛みやかゆみを伴う場合目やにを伴う場合ひんぱんに繰り返す場合熱を伴う場合

糖尿病網膜症とは

糖尿病の合併症の一つで、網膜の血流が悪くなり、
網膜に障害を起こし視力が低下してしまう病気です。
進行すると失明に至ることも少なくありません。

糖尿病網膜症の主な症状

視野の中に、蚊のような小さな虫が飛んでいるように見える
網膜に出血が起こっている場合、
視野に黒いカーテンがかかったような感じがする

突然、視力が低下する...など

江坂まつおか眼科では内科の糖尿病専門医と協力して
糖尿病患者様のサポートを行っております

糖尿病と診断されたら内科だけでなく眼科も定期受診するようにと言われるのは
目が「血管を外から観察できる唯一の臓器」であることと、糖尿病の合併症である糖尿病網膜症を発症しないように
検査が必要であるためです。

当院では眼科と糖尿病内科が併設しておりますので、協力体制を整えて糖尿病患者様のサポートを行っております。

網膜剥離とは

網膜剥離は、網膜に裂孔(裂け目)ができ下の組織から剥がれてしまい、
眼内に浮き上がってきてしまう病気です。
網膜が剥がれた際に、痛みを伴わない為、気付かずに病状が進行してしまうことも少なくなく、
最悪の場合は、失明に至る可能性もあります。

網膜剥離の主な症状

視野の一部がかける視力が低下する
視野の中に、蚊のような小さな虫が飛んでいるように見える...など

網膜剥離は、治療が早ければ視力への影響も少ないので、早期発見・治療が大切です。
その為、上記の症状が気になる方は眼科で検査を受けることをおすすめします。
当院では、レーザー治療や手術による治療を行います。

飛蚊症とは

空や白い壁を見たときにふわふわとした
虫やホコリのような形の物が浮かんで見える症状のことです。
ほとんどの場合は生理的な現象です。

しかし、稀に眼底の疾患が関係していることもあります。
眼底の疾患が疑わしい場合、
当院では超広角眼底カメラや3D-OCTを使用して検査を行います。

硝子体手術について

硝子体手術は様々な原因で硝子体が濁ったり、出血が生じたり、
持続する炎症が生じたときに出血や濁りを硝子体と共に
取り除く手術です。

硝子体手術が必要となる疾患として
糖尿病網膜症網膜剥離(裂孔原性網膜剥離)硝子体出血
などがあります。

硝子体手術の際は硝子体などを除去する硝子体カッターと
目の中を照らす照明器具、除去した硝子体の代わりとなる
灌流液を注入する器具を使用して手術を行います。

江坂まつおか眼科では最先端の
3D Visualization Systemを
使用して手術を行っております。

従来は顕微鏡を覗き込んで手術を行っておりましたが
3D Visualization Systemを使用することで
顕微鏡の映像を3Dで4Kモニターに映し出して手術を
行えるようになりました。

大画面で立体的に目の中を見ながらの手術が可能です。

費 用
費 用 1割負担 約30,000円~
約50,000円
2割負担 約60,000円~
約100,000円
3割負担 約90,000円~
約150,000円

眼精疲労とは

目を使う作業を長時間続けることで、充血や眼痛などの症状があらわれ、
頭痛や肩こりなどの全身症状があらわれることもあります。
休養をとってもこれらの症状が十分に回復しない場合を眼精疲労といいます。

眼精疲労の原因

PC作業やスマートフォンの見すぎなどの他に、
ドライアイや斜視、眼瞼下垂が原因のこともあります。
また、PC作業やスマートフォンを使用する際に度の合わないメガネや
コンタクトレンズを使用した場合も眼精疲労の原因になります。

ドライアイとは

目を守る涙の分泌が減少したり、涙の質が悪くなることで目の表面が乾燥したり
傷がついてしまい充血や眼痛など様々な症状があらわれる状態です。

また、重症のドライアイは、中年女性を中心に多い「シェーグレン症候群」
の場合もあります。

ドライアイチェック

下記の項目に5つ以上あてはまるとドライアイの可能性があります。

点眼薬によるドライアイの治療

ドライアの治療は主に点眼薬での治療となります。

人工涙液 ソフトサンティア
マイティア
角膜上皮保護 ヒアレイン点眼液0.1%
ヒアレイン点眼液0.3%
ヒアレインミニ点眼液0.1%
ヒアレインミニ点眼液0.3%
涙液分泌促進 ジクアス点眼液
ムコスタ点眼液
涙点プラグによるドライアイの治療

点眼薬による治療では不十分な場合は、涙点プラグを使用する治療を行うことがあります。
涙点プラグは涙点と呼ばれる涙の通り道を塞いで涙を留める治療です。

涙点プラグには、シリコン製とコラーゲン製の物があります。

シリコン製(パンクタルプラグF)
脱落しない限りコラーゲン製の物より長く使える。

コラーゲン製(キープティア)
約2ヶ月で溶けてしまう。異物感が少ない。

費 用
費 用   シリコン製(パンクタルプラグF) コラーゲン製(キープティア)
1割負担 約2,500円 約2,500円
2割負担 約5,000円 約5,000円
3割負担 約7,500円 約7,500円
光(IPL)によるドライアイの治療【自費診療】

ドライアイの原因の一つにマイボーム腺が詰まってしまうという事があげられます。
江坂まつおか眼科では光(IPL)の刺激でマイボーム腺の詰まりを解消する治療を行っております。

詳しくはこちらをご覧ください。

眼瞼痙攣とは

眼瞼痙攣は、まぶたが痙攣して自分の意思とは関係なく瞬きをしたり、
ピクピク動くといった症状が現れます。

中高齢者で女性に多いのが特徴です。

原因は解明されていませんが、症状を緩和させるために
ボトックス(A型ボツリヌス毒素)を少量まぶたに注射する治療を行っております。

費 用
費 用 1割負担 約6,000円
2割負担 約12,000円
3割負担 約18,000円

糖尿病とは

糖尿病はのどが渇く、頻繁にトイレに行くようになる、
水をよく飲むといった症状がありますが、自覚症状がないことがほとんどで、
健康診断などで指摘されないと気づかないケースが多くあります。

江坂まつおか眼科では眼科と糖尿病専門医が協力して
糖尿病患者様のサポートを行っております

糖尿病と診断されたら内科だけでなく眼科も定期受診するようにと言われるのは
目が「血管を外から観察できる唯一の臓器」であることと、
糖尿病の合併症である糖尿病網膜症を発症しないように検査が必要であるためです。

当院では眼科と糖尿病内科が併設しておりますので、協力体制を整えて糖尿病患者様のサポートを行っております。

高脂血症もほかの生活習慣病と同じように自覚症状が少ないため、
健康診断で指摘されてはじめて治療を始める方が多くいらっしゃいます。
症状がないからといって放置してしまうと、動脈硬化や心筋梗塞、
脳梗塞の原因となる可能性もあります。

高血圧症と同じように、血液検査後に治療が必要であれば、
まずは食事・運動療法をおこない、
改善が見られないようであれば薬物治療をおこないます。

甲状腺疾患とは

甲状腺疾患とは、甲状腺ホルモンが増加もしくは減少するもので、
血液検査で甲状腺ホルモンの数値を調べて診断します。

バセドウ病とは

甲状腺ホルモンが増加する「バセドウ病」の症状には、
手が震える、汗をよくかく、食事を摂っても痩せてしまうなどがあります。

治療法には、内服、放射線、手術があり、ホルモンの数値によって判断します。

当院でおこなえるのは薬物治療となり、放射線治療や手術を希望される方は
連携する医療機関を紹介させていただきます。
治療法についてのご相談にも応じますので、気がかりなことは遠慮なくお尋ねください。

橋本病(慢性甲状腺炎)とは

バセドウ病とは逆に甲状腺ホルモンが減少する「橋本病(慢性甲状腺炎)」の症状には、
やる気が出ない、体がむくむ・重い感じがする、疲れやすいなどがあります。

血液検査後に薬物療法をおこないます。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時に呼吸が止まってしまう病気を「睡眠時無呼吸症候群」といいます。
日中に強い眠気がある、睡眠を取っていても疲れが取れないといった症状のほか、
まわりの方に「いびきが大きい」「呼吸が時々止まっている」などと
指摘されて来院される患者様も多いです。

睡眠時無呼吸症候群の検査

検査は簡易式の検査機器をご自宅に持ち帰っていただき、
睡眠時に機器を装着し、一晩の呼吸状況のデータを取ります。
後日、検査機器をお持ちいただいて解析します。
より詳細な精密検査が必要な場合は入院検査となるため、
対応できる医療機関をご紹介いたします。

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群と診断された際は、
当院で睡眠時の呼吸を管理する「CPAP療法」をおこないます。

就職時検診
種別 費用(税込)
胸部レントゲン 2,100円
心電図 1,300円
聴力検査 1,100円
視力検査 700円
血液検査 4,450円
検尿 360円
診断書代金 2,700円
感染症抗体検査(診察料込)
種別 費用(税込)
麻疹EIA IgG 3,670円
風疹HI法 2,230円
風疹EIA IgG 3,670円
水痘EIA IgG 3,670円
おたふくEIA IgG 3,670円
ワクチン(診察料込)
種別 費用(税込)
麻疹ワクチン 7,270円
風疹ワクチン 7,130円
MRワクチン(麻疹・風疹) 9,440円
おたふくかぜワクチン 7,780円
水痘ワクチン 9,450円
高齢者肺炎球菌ワクチン 8,230円
B型肝炎ワクチン(3回接種必要) 7,200円/1回

お肌のお悩み気になりませんか?

しわしみ肝斑赤ら顔血管拡張ハリくすみ
当院ではIPLと言われる光による施術を行っております。

IPLとは

IPLが肌トラブルの原因となるターゲットに選択的に吸収されることによって、
光のエネルギーが熱に変わり、ターゲットのみにダメージを与えます。

一人ひとり異なる肌質を持つ患者様に対して6種類の光を組み合わせた
オーダーメイドの光で施術いたします。

お気軽にご来院・ご相談ください。

ドライアイの治療

IPLは美肌治療以外にドライアイの治療でも使用します。【自費診療】

IPLの刺激によってドライアイの原因の一つである
マイボーム腺の詰まりを解消します。

専用のアイマスクを装着した後、ジェルを目の下に塗ってIPLを照射します。

費 用(税別)
費 用(税別)   1回 お試し 5回
フォト 30,000円 10,000円 120,000円
タイトニング 30,000円 10,000円 120,000円
フォト+タイトニング 50,000円 20,000円 200,000円
マイボーム 10,000円 - -

ダーマドロップの特長 短時間で施術可能

施術時間は約10分です。短時間で有効成分を深層まで浸透させます。

ダメージや痛みは0

浄化された酸素の結合とナノサイズの粒子をお肌の深層まで浸透させることで、
お肌にダメージや痛みを伴うことなく、お肌の吸収力を最大限に引き出します。

ダウンタイム無し

従来のレーザーや針による注射と違い、ペン型のアプリケーターから有効成分を
超音速で皮膚に噴射し浸透させるので、お肌の損傷や出血がなく、
ダウンタイムもほとんどありません。

費 用(税別)
費 用(税別)   1回 6回
ミトセル 10,000円 50,000円
ヒアルN10 7,000円 35,000円
プロダーム 7,000円 35,000円

トラネキサム酸は肝斑の改善が期待できる内服薬です

肝斑とはしみに似た肌がくすんだ症状のことです。
左右対称に見られるのが特徴で30歳~40歳の女性に多く見られます。

シナールはしみ・色素沈着の改善が期待できる内服薬です

シナールはビタミンCを中心とした内服薬です。
メラニン色素の生成を抑える効果と分解する効果があります。

お気軽にご来院・ご相談ください。

費 用(税別)
費 用(税別) トラネキサム酸 2,000円
シナール 2,000円
トラネキサム酸 + シナール セット 3,000円

おひとりおひとりに合わせたご提案をいたします

当院ではCellnew(セルニュー)とNov(ノブ)を取り扱っております。

Cellnew(セルニュー)

セルニューはより美しい素肌を求めるあなたをサポートする機能性化粧品です。
輝く毎日を楽しむためのエイジングケアとしてお使いください。

Nov(ノブ)

ノブは臨床皮膚医学に基づく化粧品として誕生した、敏感肌や
にきび肌のためのスキンケアブランドです。
多くの皮膚科医指導のもと、何段階もの試験をかさねて
厳選された原料を使用しています。

スキンケアからメイクアップまで豊富な商品アイテムがあり、
幅広い年齢の方のお肌のお悩みに対応しています。

お気軽にご来院・ご相談ください。※商品によってはお取り寄せとなります。

Copyright ©
ESAKA MATSUOKA EYE CLINIC
All Rights Reserved.
〒564-0051 大阪府吹田市豊津町9-44
ハートランド江坂ビル3F
TEL.06-6387-1113