緑内障

緑内障とは~視野が狭くなる病気~

緑内障とは、目から入ってきた情報を脳に伝達する「視神経」の異常によって、視野が狭くなったり、視力が低下する病気です。
40歳以上の20人に1人の割合で見つかる病気であり、放置したり治療が遅れると失明に至ることもあります。
症状の進行は基本的にかなり緩やかであり、それゆえに発見が遅れがちです。早期のうちに発見するためには、定期的に検査を受けることが大切です。

緑内障とは~視野が狭くなる病気~

緑内障の原因は?

緑内障の原因は?緑内障の原因は、眼圧(眼球の硬さ)の上昇です。
眼圧上昇の要因はいくつか存在し、その要因によって緑内障は以下のように分類することができます。

緑内障の種類

原発開放隅角緑内障

房水(眼の中の水)の出口である線維柱帯やシュレム管が目詰まりし、房水が正しく排出されずに眼圧が上昇して発症する緑内障です。
症状の進行が非常に緩やかです。

正常眼圧緑内障

眼圧が正常な範囲(10~21mmHg)であるにもかかわらず発症する緑内障です。
緑内障の約70%が、この正常眼圧緑内障であることが分かっています。諸外国と比べて、日本人に多いタイプです。

原発閉塞隅角緑内障

房水の排出口がある「隅角」が狭まり、房水の流れが滞ることで眼圧が上昇して発症する緑内障です。
急性型のものと、慢性型のものがあります。
隅角が狭くなり、房水の流れが妨げられることから眼圧が上昇します。

発達緑内障

先天的に隅角に異常があり、房水が正しく排出されずに眼圧が上昇して発症する緑内障です。
進行が早いため、発見後は早期の治療(手術)が必要になります。

続発緑内障

外傷、角膜疾患、網膜剥離、目の炎症、ステロイドホルモン剤の使用などを原因として眼圧が上昇し、発症する緑内障です。

緑内障の症状は気づきにくい

緑内障の症状は気づきにくい通常、緑内障の症状の進行はとても緩やかです。視野の狭まりも少しずつ進んでいくため、異変に気付いたときにはかなり緑内障が進行していた、ということもあります。
また、片方の眼が緑内障であっても、もう片方の眼が正常である場合など、視野がカバーされますので、これも発見の遅れにつながります。

  • 視野が狭くなったような気がする
  • 視野の狭まりが少しずつ大きくなる
  • 視力低下
  • 視野狭窄、視力低下に伴う日常生活での支障
  • 突然の頭痛、吐き気、眼痛、充血(急性緑内障の場合)

繰り返しとなりますが、緑内障の早期発見のためには、定期的な検査が最重要です。40歳以上の方は、定期的に眼科で検査を受けることをおすすめします。

緑内障の検査

眼圧検査

緑内障の原因である、眼圧の上昇があるかどうかを調べます。

隅角検査

検査用コンタクトレンズを用いて、隅角の状態を調べます。

眼底検査

視神経がどのように障害されているかを確認します。

光干渉断層像検査

網膜、視神経乳頭の断面を撮影し、それぞれの異常の有無を調べます。
視野の変化が生じる前の診断が可能となります。

視野検査

視野の広さを調べ、緑内障の進行の程度を把握するための検査です。

緑内障の治療

緑内障の治療で重要なのは、眼圧のコントロール(上昇を防ぐこと)です。
通常は薬物療法から開始し、十分な効果が得られない場合には、レーザー治療や手術を行います。

薬物療法

薬物療法点眼薬の使用、場合によっては内服薬の併用によって眼圧をコントロールします。
緑内障の種類や進行の程度に応じた点眼薬・内服薬の選択が重要です。

レーザー治療(選択的レーザー線維柱帯形成術)

房水の出口に低出力でレーザーを照射し、房水の正しい排出を促し、眼圧の上昇を防ぎます。
痛みが少なく、短時間で終わる治療です。
70%程度の有効率が認められ、治療後に眼圧が再び上昇した場合にも、再治療が可能です。

日帰り緑内障手術

線維柱帯を切開するなどして、房水の正しい排出を促し、眼圧の上昇を防ぎます。
当院では、緑内障手術を日帰りで行っております。白内障の手術と同時に行うことも可能です。

緑内障Q&A

緑内障はほとんど症状なく進行するとききました。どうすれば早期発見が可能ですか?

急性の場合を除き、症状などからご自身で早期の発見をすることは、ほとんど不可能と言えます。
眼科で定期的に検査を受けるのが、もっとも確実な方法です。緑内障だけでなく、白内障などの他の眼の病気の早期発見にもつながりますので、1年に1度は、検査を受けることをおすすめします。

「緑内障になりやすい人」というものはありますか?

緑内障の血縁者がいる方、強度近視の方、喫煙している方、低血圧の方、冷え性の方、高血圧・糖尿病の方は、そうでない方と比べて緑内障になりやすい傾向があります。
また、デスクワークなどで毎日長時間うつむいた姿勢をとっている方も、眼圧が上昇しやすく、緑内障のリスクが高くなると言われています。

緑内障は、完治する病気ですか?

消失した視神経が元通りになることはありませんので、完治もしません。
いずれの治療も、進行を食い止めるためのものです。だからこそ、早期発見・早期治療が重要になります。これができれば、日常生活に支障のないレベルで視野・視力を生涯維持するということも十分に可能です。

一番上に戻る
WEB予約WEB予約 診療時間外の電話予約 050-5213-6177診療時間外の電話予約 050-5213-6177 お問い合わせ 06-6387-1113お問い合わせ 06-6387-1113